Top >  Informations

Informations

労働力調査 2021年6月分(総務省)

2021.08.02

労働力調査 2021年6月分 (総務省)

 

結果の概要

 

就業者数は6692万人。前年同月に比べ22万人の 増加。3か月連続の増加 ・雇用者数は5980万人。

前年同月に比べ51万人の 増加。3か月連続の増加 ・正規の職員・従業員数は3576万人。

前年同月に 比べ15万人の増加。13か月連続の増加。 非正規の職員・従業員数は2075万人。

前年同月 に比べ31万人の増加。3か月連続の増加 ・主な産業別就業者を前年同月と比べると,

「卸売業,小売業」,「情報通信業」, 「宿泊業,飲食サービス業」などが増加

 

■詳細はこちらからご覧ください(総務省)


茨城県の雇用情勢 2021年6月分(茨城労働局)

2021.08.02

県内の雇用情勢の概況(令和3年6月分)

茨城労働局

【照会先】 茨城労働局職業安定部職業安定課

課 長 清水いずみ 地方労働市場情報官 喜 古 朋 幸

電話 029-224-6218

「県内の雇用情勢は、求人が求職を上回って推移しており、一部に持ち直 基調判断 しの動きが見られるところであるが、新型コロナウイルス感染症が雇用

に与える影響を引き続き注視していく必要がある。」

○ 有効求人倍率(季節調整値)は、1.43倍となり、前月より0.10ポイント上回りました。

(1.43 倍は全国 6 番目) ※ 有効求人数(季節調整値)は、52,755人で前月より6.2%増で、4か月連続の増加

⇒資料 P3 、P4 、P5
※ 有効求職者数(季節調整値)は、36,817人で前月より1.1%減で、2か月連続の減少

■詳細はこちらからご覧ください


茨城県内の雇用情勢の概況(令和3年5月分) 茨城労働局

2021.06.29

県内の雇用情勢の概況(令和3年5月分) 茨城労働局

「県内の雇用情勢は、求人が求職を上回って推移しており、一部に持ち直 しの動きが見られるところであるが、 新型コロナウイルス感染症が雇用 に与える影響を引き続き注視していく必要がある。」

○ 有効求人倍率(季節調整値)は、1.33倍となり、前月と同水準となりました。 ⇒資料 P3 、P4 、P5 (1.33倍は全国14番目) ※ 有効求人数(季節調整値)は、49,688人で前月より0.2%増で、3か月連続の増加。 ※ 有効求職者数(季節調整値)は、37,243人で前月より0.1%減で、3か月振りの減少。

詳細はこちらからご覧ください。

 


首都圏オフィス移転のお知らせ(7月15日)

2021.06.14

首都圏オフィス移転のお知らせ

 

業務拡大につきまして弊社 首都圏オフィスを移転する事となりましたのでお知らせ致します。

■移転日 2021年7月15日(木)

■新住所 神奈川県厚木市中町4-10-2 ハラダ中町ビル2F

■電話046-244-0196 FAX046-244-0197 (現在からの変更はありません)

引き続き弊社各サービス ご活用頂けますと幸いです。

株式会社ISC就職支援センター 首都圏オフィス

本件お問合せ


お問合せトレンド〜進むBPR〜

2021.06.08

■各種お問合わせトレンド

急増しているお問合せの1つがCRM、コールセンター 関連等の各種BPOサービス

日本企業のトレンドでもありますが、背景には、急速に進む企業のBPR(Business Process Re-engineering)があり、

コロナ禍が強制的に進めた変化に対応する企業の状況を表していると考えています

先進国の中でも下位に位置するホワイトカラー系の生産性の低さにメスを入れる!

また早期退職制度の急増もBPRを目的とした企業の構造改革意欲の表れだとも感じております

(ご参考:東京商工リサーチ

*コールセンター /インバウンド

*営業架電/アトバウンド

*受託/各種BPOサービス

*採用代行(RPO)サービス

株式会社ISC就職支援センター ■本件お問合せ

 


総務省 労働動力調査結果

2021.05.31

●就業者数は6657万人

 

前年同月に比べ29万人の 増加。

13か月ぶりの増加 ・雇用者数は5945万人。

前年同月に比べ22万人の 増加。

13か月ぶりの増加 ・正規の職員・従業員数は3568万人。

前年同月に 比べ5万人の増加。11か月連続の増加。

非正規の職員・従業員数は2039万人。

前年同月 に比べ20万人の増加。14か月ぶりの増加 ・主な産業別就業者を前年同月と比べると, 「医療,福祉」,「教育,学習支援業」, 「情報通信業」などが増加

 

●雇用者数

●詳細(総務省)

 

お問合せ 株式会社ISC就職支援センター 

 各種ソリューションサービス


茨城県の雇用情勢(茨城労働局発表)

2021.05.28

「県内の雇用情勢は、求人が求職を上回って推移しており、一部に持ち直 基調判断 しの動きが見られるところであるが、新型コロナウイルス感染症が雇用

に与える影響を引き続き注視していく必要がある。」

○ 有効求人倍率(季節調整値)は、1.33倍となり、前月より0.01ポイント上回りました。

(1.33 倍は全国 9 番目) ※ 有効求人数(季節調整値)は、49,597人で前月より4.0%増で、2か月連続の増加

※ 有効求職者数(季節調整値)は、37,267人で前月より2.8%増で、2か月連続の増加

詳細はこちらからご覧ください。

人材のご依頼はこちらから  RPO(採用代行サービス)はこちらから

株式会社ISC就職支援センター


人材派遣事業・製造請負事業動向調査結果(業界団体発表)

2021.05.25

●人材派遣協会発表

 労働者派遣事業統計調査

 2021年第1四半期(1〜3月)

 派遣労働者の実稼働者総数 前年同月比94.9%

 派遣労働者の実稼働数総数(四半期平均)は対前年同月比20,011人減の351,590人となった

 前年同月比94.9%となり、4四半期連続で100%を下回る結果となった

 しかし、前期平均より5,712人増となった

 詳細はこちらから

 

●日本生産技能労務協会発表

 2021年4月度 製造請負・派遣事業動向調査結果

 業況DIはプラス6と、5四半期ぶりにプラスに転じる

 業種により差異はあるものの人材需要は回復傾向、人材不足感が高まる

 詳細はこちらから


当社へのご相談トレンド②(生産性×採用難)

2021.05.13

当社へのご相談トレンド②です

■背景

*環境変化による求められる生産性の向上

*労働人口減少・求人倍率の回復による採用難

これら2つの課題をクリアする手法がフルタイム人材の活用ではなくパートタイム社員の活用です

副業の解禁、主婦層の社会参加の増加も後押しし、シニア層の活躍と共に労働人口の増加の一躍を担っています

■ご相談概要

現在の生産活動の多くがフルタイム人材の活用であった企業が、随時リアルタイムな人員配置を生産性を向上を目的として

パートタイム社員への切り替えによる人材のご依頼が増加

■当社ソリューション

 パートタイム社員派遣サービスをご提案 詳細はこちらからご覧ください https://www.ejob-flex.com/pa/

 

■本件WEBお問合せ https://www.ejob-flex.com/con

 


当社へのご相談トレンド①(EC関連/ロジ・CRM)

2021.05.12

緊急事態宣言も東京などが期間延長されコロナ禍がまだまだ続いております

しかし、経済は着実に対応しいわゆるK字回復と言われる状況となっております

その中で当社へ多くご相談を頂いている最近のトレンドをご紹介させて頂きます

■人が動かなくても物は動く

 EC関連のさらなる普及等で物流関連の人材、またはアウトソーシングのご相談

 サービス詳細 https://www.ejob-flex.com/log

 EC販売の受発注受付業務でのコールセンター 受託

 サービス詳細 https://www.ejob-flex.com/crm

また人材の需要も確実に増え、有効求人倍率の回復、新たな成長企業の積極採用

そして継続する労働人口の減少により採用は決して容易ではありません

HR-TECの進化で採用手法も大きく変化しております

人材採用に関するご要望等 お気軽に ご相談ください

お問合せ:https://www.ejob-flex.com/con


« 前のページ - 次のページ »

お問い合わせ